コンペとは (設計者選定コンペ)
 建築家の紹介資料やバスツアー参加等で設計者を決められない場合は、設計者選定コンペを開催できます。

 設計者選定コンペとは、何人かの建築家に条件を示し提案をプレゼンテーションしてもらい、その中から気に入った建築家を選ぶというもの。

 コンペ開催の意思表示から設計者選定決定までは1ヶ月ほどとなります。
 

A&Aのコンペの特徴は、公開であること(希望者は誰でも見られる)と、プレゼン後にコンペに参加した建築家と見学に来ていた建築家全員でどの案がいいか討議し1等賞(推挙案)を選ぶということ。依頼者に媚を売っただけの案ではなく、真に優れた案を世に出したい、建築家の切磋琢磨の場としたいとのA&Aの願いから、こうした方式がとられています。

コンペ費用(設計計画段階CM業務委託報酬)は、設計監理報酬(おおよそ工事費の1割)の中から1割を充填。つまり、決定した建築家は本来の設計監理報酬の9割で契約することとなり、コンペ開催費も余分にかからないことになります。
また、この費用は、コンペで設計者が決まらなかった場合は請求しないことを計画設計段階CM業務委託契約書の中で謳われています。
ただし、コンペへの参加建築家を指名したい時には指名料が必要になります。
この場合はプレゼンを非公開にすることもできます。
 

コンペの流れ(約1ヶ月間)
依頼者からコンペ開催希望の意思表示
 設計段階のCM業務提案書の提出
 (手順や費用等についての説明)

依頼者からの了解

計画段階CM業務委託契約書の締結(この段階では費用支払いは不要)
 計画設計段階CM業務計画書の作成・提出
 敷地調査、要望や要求の確認、制約条件の整理、スケジュールや予算の把握
 プロジェクト基本計画書の作成

依頼者からの承認

 登録建築家コンペがある旨の通知(参加呼びかけ)
 コンペ現場説明、建築家への募集要項書の配布
 コンペ参加表明の締め切り

 コンペ発表会の開催
  設計者選定コンペ提案書の提出
  公開プレゼンテーション(プロジェクター投影による説明)
  参加建築家全員による討議(1等賞の選出)
 提案書への解説や審査・選定への助言

依頼者から建築家選定結果発表
 設計者決定の場合は計画設計段階CM業務委託報酬の支払い
 
戻る
 
Get Adobe Flash Player
 ※最新のFlash Playerをダウンロードしてください。 FLASH / HTML  /   RSS
※Windows 95/98/Me/NTをご利用の方はHTML版のページをご覧ください。